血管迷走神経反射

| コメント(0)
血管迷走神経反射
難しい言葉ですねhappy01
 
採血の最中や採血後に冷や汗が出たり、
気分が悪くなったり、倒れてしまうなどの症状がでる方が稀にいらっしゃいます。
 
これらの症状は「血管迷走神経反射」と呼ばれるもので、
血液が 足りなくなって起こる「貧血」とは異なるものです。
 
一般的には注射や外傷などによる疼痛、恐怖・不安などの精神的動揺により誘発され、
全身の血管が拡張することで有効循環血液量が低下しておこるとされています。
 
注射に対する恐怖からくる過度の緊張や、体調不良、寝不足などは
血管迷走神経反射を強める原因となりますから、
病院を受診する前日はしっかりと睡眠をとって下さい。
 
また、採血室ではベッド上での採血も可能ですので、遠慮せずに採血担当者に申し出て下さい。
 
ネットで見つけました。
注射は、大の苦手sweat01
検査の前は、しっかり睡眠をとって臨もうと思いますpaper
 
注射.jpg

コメントする

訪問者数:

このブログ記事について

このページは、sk-alohaが2021年10月12日 09:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「変わった食べ物(食べ方)」です。

次のブログ記事は「児玉郡上里町売地情報!! サンケンホーム本庄市」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お役立ちリンク集

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02